So-net無料ブログ作成

愛宕山(千葉嶺岡) [登山]

横浜駅東口 (6:50) ー[アクアライン高速バス]ー (7:45) 木更津駅東口 ~ 木更津駅西口 (8:20) ー[日東バス]ー (9:30) 長狭中前 ー[送迎バス]ー 嶺岡山分屯基地 ~ 愛宕山 ~ 嶺岡山分屯基地 ー[送迎バス]ー 長狭中前 (11:50) ー[日東バス]ー (13:00) 木更津駅西口 ~ 木更津駅東口 (13:20) ー[アクアライン高速バス]ー (14:20) 横浜駅東口



DSCN2740.JPG

DSCN2779.JPG

そろそろ登頂しようと思い、前日に見学の申請をしたところ、本日駐屯地でイベントを
開催するとのことで(愛宕山フリー見学)、参加してきました。結構賑わってました。

バスを3本乗り継ぎ(送迎バスに乗る前に荷物検査アリ)、10分ちょい歩いて
あっさりと登頂できた。普段の見学では長狭中前から駐屯地まで歩かないと
いけないので、得した気分です。
カードは、あと一人前にもらってればキリ番でしたね…。


※ 2017-12-10 登頂
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

熊本周辺の列車 [列車乗りつぶしの旅]

ホテルルートイン ~ 熊本 (6:20) ー[JR]ー (7:15) 三角 (7:24) ー[JR]ー (8:16) 熊本 (8:33) ー[JR]ー (9:11) 長洲 (9:19) ー[JR]ー (9:55) 上熊本 (10:20) ー[熊本電鉄]ー (10:29) 北熊本 (10:31) ー[熊本電鉄]ー (10:51) 御代志 (11:11) ー[熊本電鉄]ー (11:37) 藤崎宮前 ~ 熊本城 ~ 上熊本 (13:15) ー[熊本市電]ー (13:52) 水前寺公園前 ~ 水前寺公園 ~ 上江津湖 ~ 神水市民病院前 (15:11) ー[熊本市電]ー (15:17) 健軍町 ~ 自衛隊前バス停 (15:45) ー[バス]ー (16:10) 熊本空港 (17:30) ー[JAL]ー (19:00) 羽田空港



DSCN2677.JPG
DSCN2685.JPG


最終日は、熊本周辺の列車の乗りつぶしと、残った時間を利用して観光を行った。
列車の乗りつぶしは、スケジュール通り乗車できた。九州の残り路線は、
豊肥本線と南阿蘇高原鉄道となった(復旧が進むことを願っております)。
熊本城は、地震の影響で立ち入り禁止となっていて、加藤神社のみ入ることができた。
熊本城から上熊本まで、道路が至る所で封鎖されていて迷路のようだ…。
水前寺公園を観光後、まだ時間があったので、追加で上江津湖も観光した。
駅メモのほうは予定通りチェックインできた。
こうなってくると中国地方も行きたくなってしまう…(笑)。

※ 乗りつぶし残り駅(全544駅) 2017-12-04現在
北海道245 青森28 岩手49 秋田3 宮城1
栃木1
島根24 広島94 山口48
福岡0(完) 大分9 佐賀0(完) 長崎0(完) 熊本14
沖縄18


※ 2017-12-04
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

普賢岳(雲仙) [登山]

アパホテル ~ 佐賀 (7:12) ー[JR特急]ー (8:16) 諫早 (8:36) ー[島原鉄道]ー (9:59) 島原外港駅 ~ 島原港 (10:11) ー[バス]ー (10:54) 雲仙 (11:02) ー[乗合タクシー]ー (11:20) 仁田峠 ~ 妙見岳 ~ 国見別れ ~ 国見岳 ~ 国見別れ ~ 紅葉茶屋 ~ 普賢岳 ~ 紅葉茶屋 ~ 仁田峠 (15:20) ー[乗合タクシー]ー (15:40) 雲仙 ~ 雲仙地獄 ~ 雲仙 (16:11) ー[バス]ー (16:45) 島原港 (17:30) ー[フェリー]ー (18:00) 熊本港 (18:20) ー[バス]ー (18:50) 熊本駅 ~ ホテルルートイン



DSCN2609.JPG

DSCN2646.JPG


3日目は、列車で島原まで移動後、普賢岳を登頂、その後フェリーで熊本まで移動する。
この日は、列車に乗る時間が一番短いので、満喫切符は使用しない。
乗り合いタクシーで、帰りの15:20便を出し渋る、ちょっと不快な対応にあった…。
結果的に、15:20便は出されたが、仁田峠で1時間暇を持てあましたので、
雲仙まで歩いてもよかったかもしれない(笑)。
しかし、それを吹き飛ばす快晴と、360度の素晴らしい景色は、来てよかったと思った。
雲仙到着後、巻きで雲仙地獄を観光して、バスで港まで移動。
その後、フェリーで熊本まで移動した。

※ 乗り合いタクシーは、要予約。
※ 2017-12-03 登頂

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

英彦山 [登山]

ユタカホテル ~ 小倉 (7:00) ー[JR]ー (8:33) 添田 (8:45) ー[代行バス]ー(8:58) 彦山 (9:03) ー[バス]ー (9:29) 豊前坊 ~ 北岳 ~ 中岳 ~ 上宮 ~ 南岳 ~ 上宮 ~ 中宮 ~ 泰幣殿 ~ 銅鳥居 (13:56) ー[バス]ー (14:10) 彦山 (14:17) ー[代行バス]ー(14:35) 添田 (15:00) ー[JR]ー (15:14) 田川後藤寺 (15:19) ー[JR]ー (15:39) 新飯塚 (15:41) ー[JR]ー (16:22) 博多 (17:28) ー[JR快速]ー (18:36) 唐津 (18:46) ー[JR]ー (19:34) 伊万里 (20:14) ー[JR]ー (20:55) 山本 (20:56) ー[JR]ー (21:52) 佐賀 ~ アパホテル



DSCN2498.JPG


2日目は、英彦山に登り、その後JRを乗り継いで、唐津を経由して佐賀まで移動する。
天気は快晴で、登山時の景色は良好だ。特に北岳から中岳の眺めは良く、
丹沢山から塔ノ岳を歩いているような既視感を感じた。
銅鳥居まで下山したが、1時間ほど余ってしまった…。
時間を潰せる施設がなく(スロープカー駅付近に自販機があるくらい)待っている時間が
長く感じた(後から知ったのだが、しゃくなげ荘が近くあり温泉に入れたかも…)。
バスで添田駅まで戻ってからは、列車の乗りつぶしへ。
博多駅で準備したり、伊万里駅近くのレストランで夕食をとったりと、
待ち時間を活用しながら、長い2日目が終わった。

※ 2017-12-02 登頂

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

北九州の列車 [列車乗りつぶしの旅]

羽田空港 (8:00) ー[JAL]ー (9:45) 大分空港 (10:05) ー[バス]ー (10:50) 亀川 (11:02) ー[JR]ー (11:45) 宇佐 (11:49) ー[JR特急]ー (12:52) 黒崎 (13:00) ー[筑豊電気鉄道]ー (13:35) 筑豊直方 ~ 直方 (14:10) ー[平成筑豊鉄道]ー (15:33) 行橋 (15:36) ー[JR]ー (16:04) 小倉 (16:20) ー[モノレール]ー (16:39) 企救丘 ~ 志井公園 (17:09) ー[JR]ー (17:47) 田川後藤寺 (18:20) ー[平成筑豊鉄道]ー (18:32) 金田 (18:35) ー[平成筑豊鉄道]ー (18:54) 直方(19:00) ー[JR]ー (19:15) 新飯塚 (19:21) ー[JR]ー (19:37) 直方 (19:39) ー[JR]ー (20:21) 若松 (20:27) ー[JR]ー (20:43) 折尾 (20:47) ー[JR]ー (21:19) 小倉 ~ ユタカホテル


DSCN2732.JPG

今回使用したフリー切符。九州の普通列車すべてにつかえる




九州の列車乗りつぶしと、九州の名山を登頂をする3泊4日の旅に行ってきました。
今回は往復とも飛行機。じゃらんパックで2週間前に予約した。
天気予報を見てから予約はできないので、運を任せるしかない。
今回の旅は、列車の乗りつぶしに一番重きを置いてるので、観光は最終日くらいしか
していない…。1日目は福岡県北九州地区の乗りつぶしを行った。
筑豊直方 ~ 直方 間は1kmくらい歩く必要があることに前日気づき、急遽スケジュールを
変更した。待ち時間を少しでも短くするため、一部特急を使用することにした。
最初の空港バスの発車時間がアバウトで、少しヒヤヒヤしたが、あとは余裕をもって
行動することができた。

※ 2017-12-01
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

戸倉三山/今熊山 [登山]

拝島駅 (7:13) ー (7:32) 武蔵五日市駅 (7:39) ー (7:58) 元郷バス停 ~ 臼杵神社 ~ 臼杵山 ~ 市道山 ~ 陣馬山分岐点 ~ トッキリ場 ~ 入山峠 ~ 刈寄山 ~ 今熊山 ~ 稲荷神社 ~ 小峰公園 ~ 武蔵五日市駅 (15:02) ー (15:19) 拝島駅



DSCN2366.JPG


前回の登山で、足の裏が水ぶくれになってしまったので、一周休養にあて、本日再開した。
今月は、山梨、奥武蔵、丹沢を登頂しているので、奥多摩から選択することにした。
奥多摩の残り主要な山は、酉谷山か、戸倉三山。
酉谷山は、CTが長く5~6月頃あたりが適しているので、戸倉三山にした。
元郷バス停で降りた人は、またもや私一人という、いつものパターン。
コースは、最初急坂が続き、その後アップダウンの繰り返し。
標高は低いが、体力の難易度が高めな位置づけに納得。
市道山あたりから、耐久レースの主コースだけあって、
トレランの人とすれ違うことが多くなった。
特に足の不調が起きることなく、登頂することができた。
下山後、バスのタイミングが合わず2kmもないのでそのまま徒歩で駅まで歩いた。
小峰公園に着いたとき、そういえば昔、弁天山とセットで散策したなあ、と思い出した。

※ 2017-11-25 登頂

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

櫛形山 [登山]

いち柳ホテル ~ 青柳車庫バス停 (7:38) ― (7:52) 平林バス停 ~ 見晴台 ~ 平林バス停 ~ 氷川神社 ~ ほこら小屋 ~ バラボタン平 ~ 櫛形山 ~ 奥仙重 ~ 櫛形山 ~ バラボタン平 ~ ほこら小屋 ~ 南尾根登山道 ~ ウッドヴィレッジ伊奈ヶ湖 ~ 南伊奈ヶ湖 ~ 上市之瀬 ~ 南アルプス市役所 ~ 小笠原バス停 (16:52) ― (17:35) 甲府駅 (18:05) ー (19:03) 八王子駅



DSCN2292.JPG


2日目は、櫛形山を登頂。この山向けの交通機関はなく、マイカーによるアクセスが
一般的のようだ。ただ、市営のバスで平日のみだが平林までいけるようなので、
バス停の近くにあるホテルで前夜泊して準備した。家からだと間に合う時間帯が
ないので…。ちなみにホテルは温泉つきで、安いplanもあってなかなか快適であった。
バスが平林バス停まであっという間に着き、登山を開始した。
しかし、いきなり看板の読み取りを間違えてしまい、あさっての方向
(赤石温泉がある方向)に歩いてしまった…。
見晴台というところまで進んでしまい、スマフォのGPSを見て愕然として、
バス停まで引き返す。一時間ほどのロスとなってしまった…。武尊山の悪夢が蘇る。
今度はGPSで確認しながら、氷川神社まで慎重に歩いた。氷川神社まで着くと参拝し、
大杉のほうを見学。登山道は、大杉の反対のトイレ側の方にあった。
やっとここから本格的な登山となった。

楠型山は、全体的に穏やかな斜面だが、距離が長い印象。
地図では平林~ほこら小屋のコースタイムは2時間となっているが、
3時間くらいある感じだ。当初考えていた計画を見直せざるを得ない。
頂上についたときは、12:00頃。標識のあるところは、一部切り開かれていて富士山を
眺めることができた。標識をちょっと進んだところの三角点(奥仙重 )まで行き、写真を
とった後、下山を開始する。南尾根登山道は、ちょっと急で、大量の落ち葉や倒木で
荒れている個所もあったが、しばらくすると明瞭になった。このころ足に違和感が
強くなり、歩きづらくなる。ウッドヴィレッジに着いたのは14:30頃。
登山開始してから初めて人に会った。平日ということもあり静かな登山を楽しめた。
南伊奈ヶ湖を見学した後、長い舗装路を歩く。
足の違和感が徐々に大きくなり、上市之瀬あたりで歩き方がおかしくなった。
どうも水ぶくれのようだ…。なんとか市役所に着いたのは 16:30頃。
考えていた 16:00 の高速バスで帰るのはダメだった。足のこともあるので、
甲府駅まで路線バスで行き、特急で帰ることにした。

※ 2017-11-13 登頂

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

乾徳山 [登山]

八王子駅 (6:35) ー (7:49) 塩山駅 (8:30) ー (9:02) 乾徳山登山口バス停 ~ 国師ヶ原十字路 ~ 月見岩 ~ 扇平 ~ 乾徳山 ~ 黒金山分岐 ~ 迂回下山道 ~ 国師ヶ原十字路 ~ 月見岩分岐 ~ 道満山 ~ 徳和峠 ~ 乾徳山登山口 (15:08) ー (15:40) 塩山駅 (16:14) ー (16:41) 甲府駅 (18:00) ー (18:51) 青柳バス停 ~ いち柳ホテル



DSCN2130.JPG


今年最後の2000m級の登山に1泊2日で行った。1日目は乾徳山。
始発の列車を乗り継いで塩山駅へ。バスの増発はなく、ぎゅうぎゅう詰めにされて
発車した。着いたとき、西沢渓谷より登山口で降りた人のほうが多かった印象だ。
視界に常に誰かが入りながら登った。月見岩に着いたときの素晴らしい眺めは、
流石人気の山だと納得するものであった。鎖場付近は渋滞が続いた。
頂上付近の鎖は巻道を利用した。さっと頂上で撮影した後、迂回下山道よりへ
ちょっと進んだところで昼食にした。
迂回下山道はピンクの目印がちょっと少なめで、道を外れてしまった。
後に合流できたが…。バス発車の40分前くらいに到着して、神社や公園で時間を
潰した。バスは西沢渓谷の乗客がすでにかなり乗っていて、我々が乗ったときは
超満員になった(乗れなかった人もいたかも…)。丹沢とかの富士急バスは
すぐ増発があるので、山梨交通はまだ成熟してない印象だ。
甲府で早めの夕食をとった後、次の登山のため鰍沢行きのバスに乗って
南アルプス市内にあるホテルに泊まった。

※ 2017-11-12 登頂


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鳥ノ胸山/畦ヶ丸 [登山]

橋本駅 (6:20) ー (6:50) 三ヶ木バス停 (6:55) ー (7:38) 月夜野バス停 (7:50) ー (8:28) 中山バス停 ~ 鳥ノ胸山 ~ 雑木ノ頭 ~ 浦安峠 ~ 大界木山 ~ モノクボ沢ノ頭 ~ 畦ヶ丸避難小屋 ~ 畦ヶ丸 ~ 畦ヶ丸避難小屋~ 一軒屋避難小屋 ~ 大滝橋バス停 ~ 中川バス停 ~ ぶなの湯 ~ 中川バス停 (15:53) ー 谷峨駅 (16:41) ~ (17:18) 国府津駅



DSCN2011.JPG


前日の疲れもあったが、土曜日しか繋がらない橋本~中山間のバスを利用したいため
橋本駅へ向かう。バスは焼山登山口あたりまで満員だったが、3区間目のバスは
私を含めて4人くらいだった。道の駅 道志に到着して、準備を済ませて
鳥ノ胸山 を目指す。急坂もあったが、問題なく頂上に着いた。
富士山の眺めが素晴らしい。
ちょっと休んだ後、次は東海自然歩道の分岐地点へ。
地図で唯一の破線となっている、浦安峠 ~ 大界木山間は、朽ちた標識のおかげで
入口を見逃さず済んだ。コースは難路という印象はなかった。むしろ東海自然歩道の
分岐地点に標識がなく、逆の場合は迷いそうだ…。
大界木山で昼食をとり、次は畦ヶ丸へ。畦ヶ丸はいっぱいの人がいた。
畦ヶ丸からは下山だが、何回も沢を渡り返すのだが、一か所橋が流されていた…。
ジャンプできそうな個所を探して、大ジャンプしてやり過ごした。
下山後は、1区間歩いてぶなの湯に立ち寄った。
帰りのバスは、またもや渋滞に巻き込まれた(高校生マラソンを開催していたようだ)。
谷峨の手前で下車して、またもや走る羽目になった…。

※ 2017-11-04 登頂
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

父不見山/観音山 [登山]

新宿 (6:22) ー (6:27) 池袋 (6:50) ー (8:15) 西武秩父駅 (8:25) ー (9:02) 小鹿野役場 (9:15) ー (9:55) 長沢 ~ 坂丸峠 ~ 長久保ノ頭 ~ 父不見山 ~ 杉ノ峠 ~ 杉ノ峠登山口 ~ ててみず水 ~ 長久保入口バス停 ~ 馬上 ~ 牛首峠 ~ 観音院 ~ 観音山分岐 ~ 観音山 ~ 観音山分岐 ~ 観音院 ~ 地蔵寺 ~ 吉田牧場 ~ 栗尾バス停 ~ 小鹿野町バス停 (17:03) ー (17:48) 西武秩父駅 (18:00) ー (18:49) 東飯能駅



DSCN1935.JPG


3連休は天気も良く、遠出も考えたが、宿がうまく取れず、結局日帰り登山となった。
二子山とも迷ったが、鎖場が怖そうなので父不見山にした(汗)。
普段秩父へ行く方法は、八高線経由なのだが、バスの発車時間の関係から、
特急を使用した。バスを2本乗り継ぎ、登山開始は 10:00前という遅いスタートとなった。
舗装路の林道に出たとき、坂丸峠への標識が見当たらず、迷う羽目に。
結局行ったり来たりした結果、西側へ500mほど行ったところに、入口があった。
父不見山を下り、長い舗装路を歩く。バス停に着いたときは 13:30頃。
日の入りが早い季節なので、観音山をどうしようかと迷ったが登山続行とした。
観音山に着いたときは 15:00過ぎ。日も大分傾いていた。
栗尾バス停に着いたときは、バスが発車してから10分過ぎころ…。
小鹿野車庫から発車するバスに乗るため、さらに歩き、
小鹿野町バス停 に着いたときは、暗くなりかけていた。
さらにバスは、秩父駅付近から渋滞に巻き込まれ、歩いたほうが早いことなので
西武秩父駅まで駆け足。1分前に列車に飛び乗った。

※ 2017-11-03 登頂

nice!(0)  コメント(0)