So-net無料ブログ作成

櫛形山 [登山]

いち柳ホテル ~ 青柳車庫バス停 (7:38) ― (7:52) 平林バス停 ~ 見晴台 ~ 平林バス停 ~ 氷川神社 ~ ほこら小屋 ~ バラボタン平 ~ 櫛形山 ~ 奥仙重 ~ 櫛形山 ~ バラボタン平 ~ ほこら小屋 ~ 南尾根登山道 ~ ウッドヴィレッジ伊奈ヶ湖 ~ 南伊奈ヶ湖 ~ 上市之瀬 ~ 南アルプス市役所 ~ 小笠原バス停 (16:52) ― (17:35) 甲府駅 (18:05) ー (19:03) 八王子駅



DSCN2292.JPG


2日目は、櫛形山を登頂。この山向けの交通機関はなく、マイカーによるアクセスが
一般的のようだ。ただ、市営のバスで平日のみだが平林までいけるようなので、
バス停の近くにあるホテルで前夜泊して準備した。家からだと間に合う時間帯が
ないので…。ちなみにホテルは温泉つきで、安いplanもあってなかなか快適であった。
バスが平林バス停まであっという間に着き、登山を開始した。
しかし、いきなり看板の読み取りを間違えてしまい、あさっての方向
(赤石温泉がある方向)に歩いてしまった…。
見晴台というところまで進んでしまい、スマフォのGPSを見て愕然として、
バス停まで引き返す。一時間ほどのロスとなってしまった…。武尊山の悪夢が蘇る。
今度はGPSで確認しながら、氷川神社まで慎重に歩いた。氷川神社まで着くと参拝し、
大杉のほうを見学。登山道は、大杉の反対のトイレ側の方にあった。
やっとここから本格的な登山となった。

楠型山は、全体的に穏やかな斜面だが、距離が長い印象。
地図では平林~ほこら小屋のコースタイムは2時間となっているが、
3時間くらいある感じだ。当初考えていた計画を見直せざるを得ない。
頂上についたときは、12:00頃。標識のあるところは、一部切り開かれていて富士山を
眺めることができた。標識をちょっと進んだところの三角点(奥仙重 )まで行き、写真を
とった後、下山を開始する。南尾根登山道は、ちょっと急で、大量の落ち葉や倒木で
荒れている個所もあったが、しばらくすると明瞭になった。このころ足に違和感が
強くなり、歩きづらくなる。ウッドヴィレッジに着いたのは14:30頃。
登山開始してから初めて人に会った。平日ということもあり静かな登山を楽しめた。
南伊奈ヶ湖を見学した後、長い舗装路を歩く。
足の違和感が徐々に大きくなり、上市之瀬あたりで歩き方がおかしくなった。
どうも水ぶくれのようだ…。なんとか市役所に着いたのは 16:30頃。
考えていた 16:00 の高速バスで帰るのはダメだった。足のこともあるので、
甲府駅まで路線バスで行き、特急で帰ることにした。

※ 2017-11-13 登頂

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。