So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

櫛形山 [登山]

いち柳ホテル ~ 青柳車庫バス停 (7:38) ― (7:52) 平林バス停 ~ 見晴台 ~ 平林バス停 ~ 氷川神社 ~ ほこら小屋 ~ バラボタン平 ~ 櫛形山 ~ 奥仙重 ~ 櫛形山 ~ バラボタン平 ~ ほこら小屋 ~ 南尾根登山道 ~ ウッドヴィレッジ伊奈ヶ湖 ~ 南伊奈ヶ湖 ~ 上市之瀬 ~ 南アルプス市役所 ~ 小笠原バス停 (16:52) ― (17:35) 甲府駅 (18:05) ー (19:03) 八王子駅



DSCN2292.JPG


2日目は、櫛形山を登頂。この山向けの交通機関はなく、マイカーによるアクセスが
一般的のようだ。ただ、市営のバスで平日のみだが平林までいけるようなので、
バス停の近くにあるホテルで前夜泊して準備した。家からだと間に合う時間帯が
ないので…。ちなみにホテルは温泉つきで、安いplanもあってなかなか快適であった。
バスが平林バス停まであっという間に着き、登山を開始した。
しかし、いきなり看板の読み取りを間違えてしまい、あさっての方向
(赤石温泉がある方向)に歩いてしまった…。
見晴台というところまで進んでしまい、スマフォのGPSを見て愕然として、
バス停まで引き返す。一時間ほどのロスとなってしまった…。武尊山の悪夢が蘇る。
今度はGPSで確認しながら、氷川神社まで慎重に歩いた。氷川神社まで着くと参拝し、
大杉のほうを見学。登山道は、大杉の反対のトイレ側の方にあった。
やっとここから本格的な登山となった。

楠型山は、全体的に穏やかな斜面だが、距離が長い印象。
地図では平林~ほこら小屋のコースタイムは2時間となっているが、
3時間くらいある感じだ。当初考えていた計画を見直せざるを得ない。
頂上についたときは、12:00頃。標識のあるところは、一部切り開かれていて富士山を
眺めることができた。標識をちょっと進んだところの三角点(奥仙重 )まで行き、写真を
とった後、下山を開始する。南尾根登山道は、ちょっと急で、大量の落ち葉や倒木で
荒れている個所もあったが、しばらくすると明瞭になった。このころ足に違和感が
強くなり、歩きづらくなる。ウッドヴィレッジに着いたのは14:30頃。
登山開始してから初めて人に会った。平日ということもあり静かな登山を楽しめた。
南伊奈ヶ湖を見学した後、長い舗装路を歩く。
足の違和感が徐々に大きくなり、上市之瀬あたりで歩き方がおかしくなった。
どうも水ぶくれのようだ…。なんとか市役所に着いたのは 16:30頃。
考えていた 16:00 の高速バスで帰るのはダメだった。足のこともあるので、
甲府駅まで路線バスで行き、特急で帰ることにした。

※ 2017-11-13 登頂

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

乾徳山 [登山]

八王子駅 (6:35) ー (7:49) 塩山駅 (8:30) ー (9:02) 乾徳山登山口バス停 ~ 国師ヶ原十字路 ~ 月見岩 ~ 扇平 ~ 乾徳山 ~ 黒金山分岐 ~ 迂回下山道 ~ 国師ヶ原十字路 ~ 月見岩分岐 ~ 道満山 ~ 徳和峠 ~ 乾徳山登山口 (15:08) ~ (15:40) 塩山駅 (16:14) ~ (16:41) 甲府駅 (18:00) ー (18:51) 青柳バス停 ~ いち柳ホテル



DSCN2130.JPG


今年最後の2000m級の登山に1泊2日で行った。1日目は乾徳山。
始発の列車を乗り継いで塩山駅へ。バスの増発はなく、ぎゅうぎゅう詰めにされて
発車した。着いたとき、西沢渓谷より登山口で降りた人のほうが多かった印象だ。
視界に常に誰かが入りながら登った。月見岩に着いたときの素晴らしい眺めは、
流石人気の山だと納得するものであった。鎖場付近は渋滞が続いた。
頂上付近の鎖は巻道を利用した。さっと頂上で撮影した後、迂回下山道よりへ
ちょっと進んだところで昼食にした。
迂回下山道はピンクの目印がちょっと少なめで、道を外れてしまった。
後に合流できたが…。バス発車の40分前くらいに到着して、神社や公園で時間を
潰した。バスは西沢渓谷の乗客がすでにかなり乗っていて、我々が乗ったときは
超満員になった(乗れなかった人もいたかも…)。丹沢とかの富士急バスは
すぐ増発があるので、山梨交通はまだ成熟してない印象だ。
甲府で早めの夕食をとった後、次の登山のため鰍沢行きのバスに乗って
南アルプス市内にあるホテルに泊まった。

※ 2017-11-12 登頂


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鳥ノ胸山/畦ヶ丸 [登山]

橋本駅 (6:20) ー (6:50) 三ヶ木バス停 (6:55) ー (7:38) 月夜野バス停 (7:50) ー (8:28) 中山バス停 ~ 鳥ノ胸山 ~ 雑木ノ頭 ~ 浦安峠 ~ 大界木山 ~ モノクボ沢ノ頭 ~ 畦ヶ丸避難小屋 ~ 畦ヶ丸 ~ 畦ヶ丸避難小屋~ 一軒屋避難小屋 ~ 大滝橋バス停 ~ 中川バス停 ~ ぶなの湯 ~ 中川バス停 (15:53) ー 谷峨駅 (16:41) ~ (17:18) 国府津駅



DSCN2011.JPG


前日の疲れもあったが、土曜日しか繋がらない橋本~中山間のバスを利用したいため
橋本駅へ向かう。バスは焼山登山口あたりまで満員だったが、3区間目のバスは
私を含めて4人くらいだった。道の駅 道志に到着して、準備を済ませて
鳥ノ胸山 を目指す。急坂もあったが、問題なく頂上に着いた。
富士山の眺めが素晴らしい。
ちょっと休んだ後、次は東海自然歩道の分岐地点へ。
地図で唯一の破線となっている、浦安峠 ~ 大界木山間は、朽ちた標識のおかげで
入口を見逃さず済んだ。コースは難路という印象はなかった。むしろ東海自然歩道の
分岐地点に標識がなく、逆の場合は迷いそうだ…。
大界木山で昼食をとり、次は畦ヶ丸へ。畦ヶ丸はいっぱいの人がいた。
畦ヶ丸からは下山だが、何回も沢を渡り返すのだが、一か所橋が流されていた…。
ジャンプできそうな個所を探して、大ジャンプしてやり過ごした。
下山後は、1区間歩いてぶなの湯に立ち寄った。
帰りのバスは、またもや渋滞に巻き込まれた(高校生マラソンを開催していたようだ)。
谷峨の手前で下車して、またもや走る羽目になった…。

※ 2017-11-04 登頂
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

父不見山/観音山 [登山]

新宿 (6:22) ー (6:27) 池袋 (6:50) ー (8:15) 西武秩父駅 (8:25) ー (9:02) 小鹿野役場 (9:15) ー (9:55) 長沢 ~ 坂丸峠 ~ 長久保ノ頭 ~ 父不見山 ~ 杉ノ峠 ~ 杉ノ峠登山口 ~ ててみず水 ~ 長久保入口バス停 ~ 馬上 ~ 牛首峠 ~ 観音院 ~ 観音山分岐 ~ 観音山 ~ 観音山分岐 ~ 観音院 ~ 地蔵寺 ~ 吉田牧場 ~ 栗尾バス停 ~ 小鹿野町バス停 (17:03) ー (17:48) 西武秩父駅 (18:00) ー (18:49) 東飯能駅



DSCN1935.JPG


3連休は天気も良く、遠出も考えたが、宿がうまく取れず、結局日帰り登山となった。
二子山とも迷ったが、鎖場が怖そうなので父不見山にした(汗)。
普段秩父へ行く方法は、八高線経由なのだが、バスの発車時間の関係から、
特急を使用した。バスを2本乗り継ぎ、登山開始は 10:00前という遅いスタートとなった。
舗装路の林道に出たとき、坂丸峠への標識が見当たらず、迷う羽目に。
結局行ったり来たりした結果、西側へ500mほど行ったところに、入口があった。
父不見山を下り、長い舗装路を歩く。バス停に着いたときは 13:30頃。
日の入りが早い季節なので、観音山をどうしようかと迷ったが登山続行とした。
観音山に着いたときは 15:00過ぎ。日も大分傾いていた。
栗尾バス停に着いたときは、バスが発車してから10分過ぎころ…。
小鹿野車庫から発車するバスに乗るため、さらに歩き、
小鹿野町バス停 に着いたときは、暗くなりかけていた。
さらにバスは、秩父駅付近から渋滞に巻き込まれ、歩いたほうが早いことなので
西武秩父駅まで駆け足。1分前に列車に飛び乗った。

※ 2017-11-03 登頂

nice!(0)  コメント(0) 

森吉山 [登山]

ビジネスホテル八木~鷹巣駅 (7:02) ー (7:56) 阿仁合駅 (8:20) ー (8:45) 森吉山スキー場 ー 山頂駅~向岳~山頂駅ー森吉山スキー場 (13:00) ー (13:25) 阿仁合駅 (13:43) ー (15:10) 角館駅~角館温泉~角館駅 (16:27) ー (16:37) 大曲駅 (16:40) ー (18:25) 新庄駅 (18:30) ー (19:15) 余目駅 (19:18) ー (19:35) 鶴岡駅 (20:15) ー (20:51) 酒田駅 ~ 酒田バスターミナル (21:45) ー (5:10) 大宮駅



DSCN1846.JPG


最終日の4日目は内陸縦貫鉄道、新庄までの奥羽本線、陸羽西線の乗りつぶしと
途中駅の阿仁合駅に下車して森吉山を登頂した。

森吉山は、時間の関係から、ゴンドラを往復とも使用して最短距離にした。
流石に4泊はできないので。時間はゆとりがかなりあったので、
山頂に30分くらい、山頂駅近くの見晴らし台にも30分くらい滞在した。
スキー場に着いたとき、それでも乗り合いタクシーの時間までに
50分くらいあったので、レストハウスで焼肉定食を注文した。
が、なかなか出てこなく、30分くらいかかる始末…。急いで食べる。
やはりこういうところは麺類のほうがよさそうだ…。

縦貫鉄道に再乗車した際、モンペを着たアテンダントの人が居た。
列車は昼間の平日なのに、ほどほど乗車していた。

角館に着くと、空き時間を利用して温泉に入った。
大曲までは、時間の関係から新幹線を使用。倒木の影響でダイヤは乱れていて
40分遅れの、予定より1本早いやつに乗車した。本数が薄いので不安になる。
奥羽本線に乗車できたときは、安堵して、そして日も落ち真っ暗になった。
今回は、帰りも高速バスで、翌日そのまま会社なので堪える…。
しかし、意外にも、ほどほど寝れたので、なんとか今週乗り切れることができた。

※ 乗り合いタクシーは、一人のとき1100円、複数人は 900円。要予約。
朝は同乗者がいたので 900円だった。
※ 2017-10-16 登頂


※ 乗りつぶし残り駅(全832駅) 2017-10-20現在
北海道245 青森28 岩手49 秋田3 山形0(完)
栃木1
島根24 広島94 山口48
福岡128 大分18 佐賀33 長崎29 熊本104
沖縄18

nice!(0)  コメント(0) 

奥入瀬/十和田湖 [海岸/湖/渓谷歩き]

奥入瀬グリーンホテル~焼山~黄瀬~石ヶ戸~雲井の滝~玉簾の滝~銚子の大滝~子ノ口 (11:00) ー (11:50) 休屋 ~ 乙女の像 ~ 休屋バス停 (13:12) ー (14:00) 十和田南駅 (14:12) ― (14:50) 大館駅 (15:38) ー (17:26) 秋田駅 (17:44) ー (18:42) 男鹿駅 (19:11) ー (20:09) 秋田駅 (20:25) ー (21:52) 鷹ノ巣駅 ~ ビジネスホテル八木



DSCN1669.JPG

DSCN1706.JPG


3日目は奥入瀬渓流を歩き、十和田湖を目指す。
朝食は弁当にしてもらい、6:00に出発。黄や紅に染まった樹木を見ながら
奥入瀬川沿いを歩いた。国道がすぐそばのため、車の喧噪が気になった。
観光地なので混んでそうなイメージがあったのだが、朝早いこともあり
全コースを歩いている人は、そんなにいないような印象だ。
石ヶ戸手前のベンチで弁当を食べて休憩。その後順調に進み、銚子大滝あたりから
混んできたが、4時間ほどで子ノ口に着いた。この頃小雨がサッと降る。
遊覧船に乗るかちょっと悩んだが、十和田南駅までの乗り合いタクシーの
時間が決まっていることもあり、1時間弱待った。
遊覧船に乗る頃には雨も止み、晴れの中、景色を楽しんだ。
乗り合いタクシーで十和田南駅についてからは、列車の乗りつぶし旅へ。
今日から有効な「秋の乗り放題パス」を使用して、男鹿駅まで行き、鷹ノ巣駅まで
戻ってくるという不毛な乗り方をして、奥羽本線や男鹿線を乗車した。

※ 十和田湖 ~ 十和田南駅間の乗り合いタクシーは、土日祝のみ
運行なので要注意、要予約。1300円。
※ 2017-10-15
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

八甲田山 [登山]

ホテルパサージュⅡ~青森駅 (7:50) ー (9:20) 酸ヶ湯温泉~薬師神社~仙人岱~大岳~大岳避難小屋~ロープウェイ分岐~城ヶ倉温泉分岐~酸ヶ湯温泉 (15:03) ― (15:55) 十和田湖温泉郷 ~ 奥入瀬グリーンホテル



DSCN1496.JPG

DSCN1565.JPG


2日目は、JRバスで酸ヶ湯温泉まで移動して、八甲田山を登頂する。
始発のバスは、7:50。久しぶりにホテルで朝食を食べた。
バスは増発され、計3台。私は2台目に乗れた。

天気にも恵まれ、紅葉や岩木山、南八甲田連峰の景色を堪能できました。
ゴールの酸ヶ湯温泉には、十和田湖方面へのバスが発車してから
10分後くらいに到着。2時間弱の待ちになったので、温泉に入ったり、
蕎麦を食べたりした。
2日目は、私の旅行では珍しく、まったりしたものとなった。

※ 2017-10-14 登頂

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

青森県 弘前~津軽~青森 [列車乗りつぶしの旅]

品川バスターミナル (22:00) ― (7:10) 弘前バスターミナル~弘前駅 (7:30) ー (7:59) 黒石駅 (8:20) ー (8:49) 弘前駅 (9:39) ー (10:25) 五所川原駅 (10:30)― (10:50) 金木駅 ~太宰修斜陽館~ 金木駅 (11:47) ー (12:00) 津軽中里駅 (12:10) ー (13:05) 奥津軽いまべつ駅 ~道の駅いまべつ~津軽二股駅 (14:18) ー (14:33) 三厩駅 (15:33) ー (16:13) 蟹田駅 (16:34) ー(17:14) 青森駅 (17:23) ー (17:45) 浅虫温泉駅~道の駅 浅虫温泉~ 浅虫温泉駅 (19:03)ー(19:28) 青森駅 ~ホテルパサージュⅡ



DSCN1419.JPG


弘前スタートで、津軽地方の列車乗りつぶしと、列車で南下しながら
途中登山や十和田湖等の観光をする、3泊4日の旅に行ってきました。

ノクターン号で弘前まで移動(閑散曜日は 6700円で青森県まで行けるお得な
交通機関です)。1日目は、ほぼ列車の乗りつぶしに費やした。
弘前鉄道は、以前に岩木山に登頂したときに2線とも乗車済みだが、まだ、
駅メモを本格的にプレーしてなかったので、黒石方面を再度乗車した
(大鰐線は、バス内でレーダーがすべての駅に届いたのでそれで済ました)。
その後、津軽地方へ。津軽中里ー奥津軽いまべつ間はバスを使用した。

一応、太宰修斜陽館の観光や、浅虫温泉の道の駅内にある温泉に入るなどもしてみた。
列車の本数が薄く、移動する度に1時間待ちがザラでした…。


※ 2017-10-13
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

倉戸山 [登山]

町田 (6:29) ー (6:55) 八王子 (6:58) ー (7:08) 立川 (7:15) ー (8:21) 奥多摩 (8:35) ー (9:05) 倉戸口バス停~倉戸山~女湯バス停~のんきや~出野バス停 (12:02) ― (12:30) 奥多摩 (12:35) ー (13:08) 青梅



DSCN1389.JPG


体調を崩してしまったため、せっかくの三連休だが軽めの登山とした。
城峯山と迷ったが、移動時間が少ないので倉戸山にした。
バスは何台も増発された。しかし、倉戸口で降りた人は私のみ
だった(手前の御前山も0人)。皆、雲取山なのか…(三頭山もあるか)?
急勾配なところや、一部不明瞭なところがあるが、
コースタイム通り2時間強ほどで回った。
下山してから、バスの待ち時間を利用して、近くの蕎麦屋でチャーシュー麵を食べた。
奥多摩駅は、行きも帰りも凄い人だった…。

※ 2017-10-08 登頂

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

列車乗りつぶしについて [列車乗りつぶしの旅]

人様のブログを、最近よく読むようになって、 自分のブログをもうちょっと書くべきだと思ったのです。 で、登山と並行して行っている、列車乗りつぶしについて。

始めたのは、4年位前だろうか…。
登山をするようになって、自然と列車に乗る機会が増えたので
新潮社から出ている「乗りつぶしノート」を購入して、記録するようになったのが始まり。
で、スマフォアプリでもないかな、と探して見つけたのが
コロプラ内にある「駅メモ」というチェックインゲーム。
(現在は、後発の単体アプリのほうが主流ですが…)

もうすでに、3年くらいサービスしていて、正直 今は、あまりまともにプレーしてなくて
(普段はログインと数回チェックインするくらい)、
新駅(未チェックインの駅)の回収だけを目的でプレーしてます。
回収の状況は佳境に入っていて、残り駅は以下のようになってます。
ただ、なかなか行けないところばかりなので、あと、数年かかるでしょうね…。
その前にサービス終了しなければよいが…(笑い)。

※ 乗りつぶし残り駅(全1050駅) 2017-10-06現在
北海道245 青森120 岩手77 秋田96 山形5
栃木1
島根24 広島94 山口48
福岡128 大分18 佐賀33 長崎29 熊本104
沖縄18

今年、3回遠出できればよいかなと考えているのですが、
この情報で、私が 今後登頂しようとする山がバレてしまいますね…。

Screenshot_20170929-072145.png

駅メモの駅データベース



cmoe.jpg

推しメンのでんこ「もえ」



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | -